塩化アルミニウムで脇汗対策するパースピレックス

パースピレックスは 「 ロールオンで塗るタイプの制汗剤 」 です。

 

主成分は塩化アルミニウムで、これが汗腺内の水分に反応すると、水酸化アルミニウムを形成します。この水酸化アルミニウムが皮膚上層のケラチンと反応して、汗腺内に角栓を作ります。

 

汗腺の深部に作られた角栓は、毛穴に 「 フタ 」 をするような格好になりますから、物理的に汗が外に出なくなるというメカニズムです。

 

もちろん汗腺に詰まっている角栓もずっとそのままというわけではなく、皮膚の新陳代謝によって、3日〜5日で自然に体外に排出されます。

 

 

つまり、この 「 3〜5日 」 というのが、パースピレックスの汗止め効果が持続する日数といえます。

 

効果は長持ち!服に色移りしないし副作用の心配もなし

オドレミンなど塩化アルミニウムを使った制汗剤は他にもありますが、パースピレックスの特徴はなんといっても、【 使いやすくて 】 ・ 【 効果が長持ち 】ということでしょう。

 

ロールオンタイプですから、キャップを外して塗り塗りするだけ、面倒くさがりの人でも簡単に使えるし、手を汚すこともありません。

 

それでいて効果が3〜5日持続するのですから、
パースピレックス ( Perspirex ) が、特許処方だというのも頷けますし、このあたりが口コミ評価の高い理由かもしれませんね。

 

 

使ってすぐに効果を実感する人も多いですが、即効性のある制汗剤ではありません。

 

ですから、はじめの1週間くらいは毎晩パースピレックスを塗布するようにして、効果を感じ始めたら、使用頻度を週に2,3回程度に減らす、という使い方がいいでしょう。

 

妊娠中でボトックスによる多汗症治療ができない方でも使えます

ちなみに衣類に色移りする心配もないですし、効果が長持ちするボトックス注射だと、妊婦さんなどは治療NGが出ることもありますが、パースピレックス ( Perspirex ) なら副作用もないので安心して使えます。

 

ひどい手汗でもお困りなら

手のひらが常に湿っていて好きな人と手もつなげないし、スマホの画面が反応しなかったり、ノートや紙が破れたりすることもある・・・。そんな手汗のことで真剣に悩んでいるあなたに、手の汗を効果的に抑える「3つの方法」をご紹介します。
ひどい手汗対策!手術以外で手のひらの汗を止める方法【薬&制汗剤】

パースピレックス(Perspirex)の使い方

まずはお風呂に入って体を清潔にする
リラックス状態のとき (夜寝る前など) に脇の下に塗る
翌朝、塗ったところを拭き取る (塗り直しの必要なし)

 

パースピレックスの使い方は非常に簡単で、 「 清潔にした脇の下に塗る 」 ただこれだけです。
ロールオンタイプだから手も汚れません。

 

ただ 「 塗るタイミング 」 にはちょっとコツがあって、神経が高ぶっているときは汗をたくさんかいて、塗ってもすぐに流れてしまいますから効果は薄いです。
だから朝の準備でバタバタしてる時などに使ってもあまり意味がないわけです。

 

なので夜寝る前、お風呂にゆったりと浸かったあと、心身ともにリラックスした状態のときに塗布する のが良いでしょう。

 

また、はじめの1週間程度は、毎日つづけて脇の下に塗るのがポイントです。

 

おそらく数日で変化を実感できると思いますが、効果を感じてきたら、週に2回くらいに回数を減らしても大丈夫です。

(※ 塗るタイミングと、はじめの1週間は毎晩塗る!これ、かなり重要です。)

 

それにしても、一度の脇汗対策で効果が3〜5日も持続するっていうのは、かなり優秀ですよね。

 

国内薬局では取扱いがないので、海外から個人輸入で通販する

つぎにパースピレックスの購入方法をご紹介します。
近所の薬局などで取扱いがあればいいのですが、残念ながら販売されていません。

 

ですのでインターネットを使って通販するわけですが、日本国内では売っていませんので、 「 個人輸入 」 という形で海外から購入することになります。

 

個人輸入と聞くと大変そうなイメージがあるかも知れませんが、実際には 「 代行業者 」 がいますので、商品の発送に若干時間がかかる以外は、ふつうの通販とそれほど違いはありません。

 

 

← 実際に購入した商品がコチラです。

 

私の場合は、注文してから大体10日くらいで到着しました。

 

キャップを取るとこんな感じで、上のボール状のところを脇の下にコロコロして塗っていきます。 独特の臭い ( セメダインみたい? ) がありますね。

 

使用感は良好、これで服に出来ちゃう汗染みの悩みも解消です。脇汗はばっちり抑えられるし、手を汚さずに塗れるのもいいですね。

 

時々ちょっと痒くなることもあるんですが、そこは仕方ないと思ってます。 っていうか 「 脇汗ビッチョリ・・・ 」 よりは全然いいですから、マジで。

 

 

繰り返しになりますが、もう一度簡単にご説明しますね。

 

パースピレックスは汗腺内の水分(おもに汗など)に反応して角栓にフタを形成して 「 物理的に 」 発汗を抑えることができるタイプの制汗剤です。物理的にフタがされるので緊張していようといまいと、精神状態にかかわらず脇汗を抑制できるというのがポイントです。

 

ドイツのドクター・シュレーダー研究所で実施された実験によると、40%以上の減汗効果が認められたということですが、1週間程度、毎日塗り続けた個人的な感想としては 「 ほとんど 」 汗が止まるという実感です。パーセンテージにすると70〜90%という感じでしょうか。もちろん個人差はあると思いますが、ちゃんと使えばかなり効果があります。

 

なお、角栓にできたフタというのは、ずっとフタがされっぱなしというわけではなく、皮膚の新陳代謝によって自然に体外に排出されます。つまり角栓にフタが形成されてから排出されるまでの期間が、制汗効果が持続する日数ということになるのですが、パースピレックスの場合、およそ3〜5日、効果が持ちます。

 

さらに改良されたパースピレックス・ロールオンプラスでは通常版の約1.5倍に持続期間がのび、5〜7日ほど効果が続きます。

 

<通販>パースピレックスを購入できる個人輸入代行業者「オオサカ堂」

脇汗・多汗症やワキガ対策にも使える塩化アルミニウムを主成分とした医薬品レベルの制汗剤。手を汚さずに効果も長持ち(副作用なし)

■ パースピレックス・ロールオン
効果が3〜5日間持続します>> 詳細はこちら

■ パースピレックス・ロールオンプラス (改良版)
効果が5〜7日間持続します>> 詳細はこちら

商品名 内容量 成分
パースピレックス・ロールオン 25ml 変性アルコール・乳酸アルミニウム・塩化アルミニウム・シクロペンタシロキサン・ステアリン酸グリセリル・微結晶ワックス・水添ヒマシ油
パースピレックス・ロールオンプラス 25ml 変性アルコール、塩化アルミニウム、乳酸カルシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、硬化ヒマシ油