夏よりも冬のほうがワキ汗に注意が必要

ワキ汗というと夏に気にするものと思われがちです。ですが、冬の季節のほうがワキ汗に気をつけないといけないのです。冬は寒いからと厚着をすることが多い季節です。厚着をしたまま暖房のきいた部屋に入ると、汗をかいてしまうこともあります。そんな時に、ワキ汗もかいているんです。夏のように風通しの良い服を着ていないので、ワキ汗がこもってしまい臭いの原因になることもあるんです。自分の大切な服に汗シミをつけないためにも、ワキ汗対策が必要になります。今では、洋服の貼りつけるタイプの汗ワキパッドが売られています。

 

あの汗ワキパッドはとても重宝します。洋服の内側から貼っておくとワキ汗をしっかり吸い取ってくれます。吸い取った汗が逆戻りすることもなく、服の表面に汗が染み出てしまうこともなく安心です。多汗症の方で気になるなら、外出先でパッドを交換することも可能です。薄くて携帯するのも簡単なのでいいです。冬は、ヒートテック下着などを着用することが多いですが、ヒートテック下着は温かいので汗をかきやすくなります。そんな時に汗ワキパッドを貼っておくと、ワキ汗の臭いに困ることもなくいいですよ。